フォトジェニックな北海道旅行

美しい水辺に心ひかれる旅

四季折々の豊かな自然に恵まれた北海道は、何度訪れてもまた好きになってしまわずにはいられない、雄大で懐の深い魅力に溢れています。そんな北海道の風景の中の、水辺の美しい場所をご紹介したいと思います。
日の暮れる少し前にロープウェイで函館山に登り、暗くなるにつれ函館の街に明かりが灯り始め、やがてそれが海に挟まれた光の帯のように遠くまでのびていく様子は、本当に綺麗で時の経つのを忘れる様な情景です。
この宝石箱のような百万ドルの夜景がフォトジェニックなのは言うまでもありませんが、日中の函館の街にも味わい深いものがあります。
少し高台からハリストス教会を見下ろすと、神秘的なオーラを放つその姿につい足が止まります。紺碧の海をバックに教会の白い壁が映え、清楚な佇まいにが心洗われます。また、少し足をのばすとペリー縁の外人墓地があります。ここも広々とした青い海に面した趣深い場所です。

雄大な青い輝きに包まれて

北海道の湖の中でも指折りに美しいのが洞爺湖です。広大ながらもその真ん中に島を浮かべた姿は親し気で、ついレンズを向けてみたくなります。よく晴れた日の洞爺湖の水面の青さは素晴しく、周りのものをみな青く染めてしまうのではないかと思う程で、その輝きの余韻はしばらくつづきます。雲の多い日はいまひとつ湖の色が冴えませんが、その広々とした心地よさは十分味わえるのではないかと思います。また湖沿いのホテルからは、露天風呂の温泉に入りながらその景色を楽しむ事が出来ます。
青い輝きを求めて、函館と洞爺湖を旅してみてはいかがでしょうか?そしてその写真を飾っておきましょう。いつもの日常がそこからちょっと新鮮なものに変わるかもしれませんよ!